dg21の日記

自分嫌い、人嫌い、たまにしかやる気ない、基本的に何か小さいことで死にたい4留女子大生が、生まれ変わった日々を綴る日記。ある本がきっかけでいつのまにか、自分大好き、人ほとんど好き、生活の6割やる気満々、生きてるの楽しい4留女子大生に。大学卒業とライターを目指しながら、やりたいことやる毎日が楽しすぎるので、幸せをおすそ分けします。

せっかくだから、なにか良いものをおすすめしたい。


星がもらえるとやる気の出る単純な生き物。1番好きなのはハート。3番目は自由。

久しぶりに学食でお昼ご飯を食べた。


夏休みなので、並ばずに食べれるからだ。



満月が近づいて、吸収が良くなるから、少しふっくらする気もするが、学校の慣れ親しんだ味は、母の次か、キムチと納豆と同じくらいに安心する。




つい、スターをもらうと、もっと欲しくなって、うまい文章を書こうとしてしまう。


スター中毒だ。


まだもらったのは2つなのに。


甘い毒は回るのが速い。



ただし、新月以降は一気に排出してくれるから、良いものだけ取り込む。



わたしにとって、必要なもの。最高、最善。安心、安全。




一時期はシータヒーリングにはまりかけた。


子供の自分でも許されるからだ。


どれだけ、自由を許可しても25年間でしみついた、普通に振舞おうとするルールは、顔を出す。


心を全開にして、丸裸でぶつかると、相手もすぐに理解してくれる。


特にヒーラーを役割とする人は、癒そうとしてくれる気持ちが強いので、二言三言でお手軽に癒してくれる。




しかし、こわかった。


ものすごく魂の成長や癒しは早いけど、そこを信じすぎて、逆に不安になった。


彼女の一言が私の人生を左右しかねない。


何気なく言ったことばを使って、わたしはわたしをしめつける。


ただただ見えたことをそのまま言っているだけなのに、それがゆれる心の拠り所となったとき、外側の声が、私を支配し始める。





信じられるからこそ、あやうい。


魂の美しさ、心の穏やかさ、外側のきらめき、すべてを感じ、この人とは長く付き合いたい、信じたいと思えるからこそ。


その言葉を現実と結びつけて、形にならないときに、わたしはとまどう。





たいしたことは実際には言われていない。


基本的には、わたしの中にあった言葉や概念、信条と一致していた。


ただ、わたしの潜在意識が求めていることと違うことを言われると、そこがとても気になってしまう。


外見的な特徴とか、わたしが飲むものとか。


ただのヒントだし、このゲームを遊ぶ取説のおまけみたいなものだけど、だからこそ、気になってしまう。


心をオープンにしすぎて、真っ白にしたすぎて、さらけだそうとしすぎて、また、外側とわたしを混同しそうになっていた。





でも、もうそのヒントも受け入れたい。


金色のしおりだろうが、あかいカクテルだろうが、そんな可愛いアイテムを使うわたしがニコニコしているなら、それでいい。


そこから自由でいたいと思いすぎると、しばられたくないと思えば思うほど、糸は強くなる。





わたしは愛を知って、信頼を知り、自由を求めている。




何かにしばられようが、しばられなかろうが、わたしはわたしの1日を、一生のエッセンスが凝縮された一滴だと思って、わたしの道をふわふわスキップしたい。





ときには、走り、ときには歩き、止まり、泣く。




でも、また歩く。







そつろんはリムジンだ。



無理だ、ムリだ、むりだ、そう思って、もう4年が経つのではないかしら。


卒業するはずだった4年前から、わたしは卒業する自分のイメージが湧かなかった。


袴は予約した。


卒論も進まないながらに、試行錯誤して、形に残したり、頭で考えたり、ノートに書いたり、している。


着々と準備は進めている。





リムジンは高いとおもっていたけど、実はリムジンパーティーは1時間か2時間は数万円でできると聞いたことがある。


キラキラ女子がちょっと前に夢中になって、乗ってたイメージだ。


憧れは実は手を伸ばせば、すぐに届くのかもしれない。




約束を守る自分は、実はずっとそこにいたのか。




卒業できる自分、そのあとに、また日常に戻りながらも、飯を食う手段を模索する自分。




愛を、喜びを、豊かさを循環させる手段が仕事だ。





わたしは一生文章を書いて生きていきたいのかもしれない。





こないだ、自作のポエムを勢いで会ったばかりの人に見せたら、世界観があると言ってくれた。


ただの文字の落書き帳のつもりだったので、編集者に評価してもらった作家のような気分で、嬉しかった。


恥ずかしくてたまらなかったが、わたしの文やことばが、人の心をゆさぶることは、この上ない喜びかもしれない。



人の心に火を灯すライター。





かっこよくて、また自己陶酔してしまう。




ただ、この文章もブログも、すべては自己陶酔の宝庫なので、ここでは、鋭いものを人に向けない限り、なんでも許される。





もちろん、自分をせめることや、ひとをせめることもあるかもしれないけど、せめられて、きずつくか、きずつかないかは、自分で選べる。



感情の選択までも自由にあやつれたら、無敵かもしれない。






ひとり遊びが長くなってしまったので、おわります。





ありがとう。





love!



準備、実行、後始末。やっぱり、循環なのかしら。

高校生の時に、よく怒られた。


部活の顧問から、


試合中に「考えろ!」と叫ばれ、


普段の練習は準備の大切さ、を説かれた。





私は、自分だけが見る部活ノートに、9回裏逆転満塁ホームランを狙う自分は良くないから改善しなきゃ、みたいなことを書いた。


なにも準備しないのに、結果だけ、おいしいとこどりを狙う自分を戒めたかった。



授業のノートのはしっこにも落書きで、百発百中と書いて、それを部活の仲間に見られ、顔から火が出るかと思うほど、恥ずかしかった。



朝練もまともに行かず、普段の練習も苦痛で、早く終わらないかなと思っていた。





最後まで続けたのは、途中で脱落するのが、挫折するのがいやだったから。



人の目が気になったから。



私の友達は部活にしかいないような感覚があった。



でも、誰のことも、自分のことも信じてなかったから、いつも怯えてこわかった。




部活をやめたら、友達がいなくなると思った。




だから、部活がうまくなるため、とかチームに貢献するためとかよりも、120%自分の学校での居場所づくりのためだったのかもしれない。



こんな自分は許してもらえるのか。



誰も私のことなんて気にしてないのに、なぜか私は私を罰したがる。






準備って何だろう。


私はその場の気持ちで動くのが楽しくなってしまっている。


今の気持ちを最優先にしたい。


いま感じてること考えていることを形にしたい。


言行一致ゲームをどれだけやれるか、が気になる。




でも、旅行の準備とか、明日は何の服を着ようとか、そういうのは楽しい。




なんとなく、準備ばかりで、本番はいつ?っていう人生も、それはそれでどうなのって思う。




本当にやりたければ、言い訳しないで今すぐやりませんか?っていう。



運命の人に会いたくて、でも、今のままの自分じゃ会えない。


じゃあ、いつ会えるの?


準備はいつ整うの?


今のわたしでぶつかれば?っていう。




そもそも、本当にやりたいとか、なに?って考えだすとまた迷宮入りする。






お腹が減った。




冷蔵庫にキムチ。


それ以外は調味料。



お金はたっぷりあるのに、明日の遊びたい日曜に備えて、ちょっと出費を控えてみている。




あと、きょうはなんとなく、体調がゆったりしているので、今日の動きもゆっくりしてみている。





自由になりたいけど、やっぱり完全に自由になるっていうのは、どうなのかな?


占いとかをツールとして賢く利用したり、使いこなしたい。


それに対して、自分が主導権を握りたい。


こちらの選択は自由なのだから。






まじでねむい。


まだ8時なのに。




おやすみなさい。



面倒が積み重なると、倒れこむように寝たくなるけど、本当は面白いソウルゲーム。

魂の叫び。


面倒だ。寝たい。疲れた。やりたくない。


レポートも卒論も、いらない、何も捨ててしまおう。


ミラクルソウル。



わたしが生まれたことは奇跡の誕生だと思う。


宇宙に数ある星の中で、70億人の中から、日本の人間が2人出会って、恋して、愛して、わたしが生まれた。


兄2人と。


生まれてから、今も、安全・安心で生きてきた。


これもミラクルだ。


夜中に出歩いても、いつも守られてきた。


自衛本能だし、見えない何かだし、見える人だったり、灯りだったり、家だったり。




ミラクルは在庫過多だと、宇宙関連の本で読んだ。


これだけ、地球と人間がケンカしても、宇宙の懐は広い。


ゴミを捨て、水を汚し、生物をころす。


わたしたちが生きるためには、多くのものの犠牲の上で成り立っている。




本当にそうなのかな?


とも思う。




犠牲の上で成り立つ世界なら、いらない。


誰かが無理して、辛い思いで笑顔をはりつけるのは、もう、うんざりだ。



無限の可能性にかける必要がある。


循環。


途切れることのない縁。円。園。



わたしにできることは、砂粒レベルのことかもしれない。



電気はつけっぱなし。


扇風機はつけっぱなし。


ゴミの分別はいい加減。


水もじゃぶじゃぶ使う。




地球の環境を守ろうとか、地球温暖化を防ごうとか、使い古されたスローガンを掲げたいわけじゃない。




ただ、平和ボケするぐらい、平和でいたい。



ぬるま湯に浸かって、ふやけるぐらいに、つかりたい。


そしたら、またプールでも遊ぶし、熱いけど適温の温泉でも行く。


本当は毎日ぬるま湯の銭湯か家のお風呂につかりたい。



面倒で億劫でシャワー。




何を大切にしたいのか?


1番大切にしたいのは、わたしの心。気持ち。


最優先に丁寧に扱って、そっと守りたい。



でも、優先する私の自我は時々あばれるくんだ。


はたから見たら笑っちゃうけど、自我ちゃんはいたって真面目に一生懸命暴走している。



欲求と欲望と望みと心は違うのかもしれない。




あれが食べたい。これが欲しい。それを頂戴。



ケーキも服もメイクも。



欲望に際限はない。


それを全て手に入れても、終わりはない。


刺激中毒。



スマホ中毒。



面白いゲームは時間を忘れる。


スマホも輝く時間も。


小さい画面に目を凝らすと、現実がぼやける。


目が爛々と大きい人がたまにこわくなる。


わたしは自分の目は好きだけど、ずっと見ていると、形が刻々と変化していて、たまにこわい。




結局、逃げているのは、現実から。


現実と向き合いたくない。


受け入れたくない?




人の頼みは断れなくても、自分との約束はやぶれる。


いついつまでに!これをしてねーって私に私がお願いしても、あっさり舌を出される。



そっぽ向かれる。



私の自我はそうすると、食べだす。


無視されて悲しいから。



8/31までに、地理学のレポートやりたいなって、私は私に話したのに、私はやらない。


そりゃ、提出期限が9/4だから、余裕は持たせた。


その時点で、へそまがりな私はやっぱり自分に信用してもらえていないって、怒ってたのかも。


追い詰められなくても、やるし、追い詰めてもやるもん。




今までの実績からわたしを評価しないで。


信頼という言葉を初めて覚えて、初めて使ったばかりのわたしを、信頼できるかできないか、判断しないで。


愛を求めて、受け取って、次は信頼だ、とばかりに意気揚々と舟を漕ぎ出したのに、現実は遠い。




いつになったら、あの地平線にたどりつくのか。


花は強いけど、香らせるだけで、止まっている。



停滞と退廃はうんざり。



でも、本当は花のように、ちやほやされて、特別扱いされて、世界一で、オンリーワンでナンバーワンの、宇宙一の女性(地球人)になりたい。



虫は無視。


とげのないミツバチには興味がある。


朝の蝶々もきになる。


あれもこれもって欲張るけど、わたしは本当は緑が好き。



花といつも一緒の草。



一心同体。



木も好き。




木に咲くりんごの花に?



 

りんごは、Appleで、禁断の果実で、白雪姫。


りんごのように赤いほっぺが自慢だった少女は日に焼けて、ハワイのモアナに会いに行った。


森で七人の小人と遊んでいたのに、ある日、本を読んで海を知って、魔女から、赤い龍をもらって、龍に乗って、海へ遊びに行った。





海には、ルフィがいて、仲間と広い海へ、金銀財宝を目指して、大海原へ出航しようとしていた。


楽しそうでキラキラしていた。


彼らはすでに一緒にいる仲間が値千金以上の価値があると知っていたが、さらなる高みを目指していた。




わたしはもう少し、森で本を読みたい。


ハンモックにゆられて、編み物をするばあちゃんに家を守ってもらいながら。


いつまでもゆっくりしたい。


心ゆくまでゆっくりしたい。


空想の世界に行きたかった。


最後はいつもハッピーエンドだったから。



借り物の世界じゃなくて、真実の世界はどこにある。


マイワールドを持つ人に憧れすぎて、自分でも自分が迷走している。


 


やはり、動的な瞑想こそ、掃除こそ、人生のレベルアップ活動かもしれない。




グリーンマイルーム。


クリアな環境がわたしをきれいにする。


わたしを喜ばせる。



そこはあたたかくて、やさしくて、穏やか。




心をクリアに。







自分の夢や希望ってなんですか?それは叶いますか?叶えますか?

注目を浴びたいとすれば、そこにはかげもつきまとう。 

光が強くなればなるほど、闇も濃くなる。

 なんでもよしあし。 

世界中の人に注目されるなら、すごく短期間で。

 日本中ならちょい短め。 

わたしの好きな人たちには、なるべく長くわたしのことを見てほしい。

わたしを囲んでほしい。

ちやほや、お姫様みたいにしてほしいけど、いつも甘やかされると飽きちゃうから、ときには、予想外のツッコミで笑わせてもらいたい。


誰かに頼るのは楽だけど、与えられたもの、制限の中で楽しみきることになる。

わたしは無制限に夢を描いて、それを手におえるぶんを現実化したら、どうかな?


いまは。

まあ、いいや。



もう、いらいらしたくない。

いらいらは、自分が何かに期待して、それが期待外れだったとき。

思い通りにいかないとき。

それって、1人でぐるぐる循環してるだけ。

だれかにぶつけるのはしたくないなあ。

父さんにも母さんにもたくさん反抗してしまったけど。


息が浅いと、だいたいイライラしてる。


現実のプロセスはどうかしら??

そんなもん、宇宙(95%の潜在意識?)に任せとけ。

わたしは降参するだけ。

流れに身を任せて、流れにのるだけ。


わたしのちいこい脳みそでごねごね考えていても、たいしたことはない。


今日もやりたいことを追求して、たまにスイカの塩を舐める。


なにかにこだわらない。しばられない。


自分のキャラから解放宣言。


たまに、小テストを受けて、友達とあー!って騒ぐ。


でも、テストを受けるか受けないかもわたしの自由。

卒業するかしないかは、だれかに強制されて決めることじゃない。

自分の意思で決めること。

意志を高く。低く。まっすぐもって、ふわふわ進む。


わたしはただただ袴が着たい。

いまを一番楽しくするし、一番きれいに輝かせる。

卒業はひとつの区切り。

次へのステップ。

準備段階。


てか、よく思うけど、こんなに豊かな父はものすごく貴重。

自分の親だけど、後期も授業を受けさせてもらえるから、授業もふざけて、遊び倒して、身につけよう。


実りある後期になりそう。


ふわふわしながらも、地に足つけて、後期を味わいきる。


そう、わたしのテーマは書くことと味わうことかもしれない???



だったらいいね。

てか、味わうのはおもしろい。

味わい深い人生。


そのために、自分が心をさらけ出せる、開けるなかまと、一緒にたくさんあそびたい。

あそぶことはまなぶこと。

はたらくことはあそぶこと。

責任のあるあそびかな?


やっぱり、冠婚葬祭か、出版が気になるかなぁ〜。


いったん、就活はストップ。

始めてもいないに等しかったけど。


めんどくさいことあとまわしにしたらだめだって、わたしの中のお馬さんと、小人さんが言ってるけど、いちばんめんどくさいのは、卒論やなァ〜。

就活よりも卒論がいまは。。


わたしの心には御者と4とうの馬と白雪姫と7人の小人がいるらしい。


知らんがな。


そこと上手に付き合いながら。


一霊四魂のことだったのかな?


大好きな龍の本(「龍使い」になれる本ー人生を変える聖なる知恵ー大杉日香理)は、すこしむずかしかったけど、とてもすき。

風の通り(龍のあらわれらしい?)をよくして、いまのお部屋はけっこう、快適になっている。

なんか、むかしから縁はあったけど、さいきん近いような気がする。



どれだけ、嫌われても、不協和音を恐れたくないよね。

欅坂の歌がよくわたしのなかで流れる

僕にはぼくの正義があるんだ〜。


魔女は異端で火あぶりの刑にされたけど、本当は、みんなうらやましかったんだとおもう。

だれだって、魔法が使えるなら使ってみたいし。

でも、こわかったのかも。




はぁー。

好き放題書いて、めがつかれたので、おわります。


また。

自分に正直に素直でありたい。エアコンを使わないのは、やむをえないけど、体が丈夫になりそう。

今ものすごく、学校のお気に入りのカフェで何か食べたい。


カレーか、アフォガードが欲しい。


おしゃれドリンクはなじみがないけど、こないだ飲んだとき、美味しかった。



あそこのカフェのカレーは媚びない味をしているのだ。


野菜のすっぱさとか苦さがダイレクトに脳に届くけど、それがまたヘルシーっぽくて、いい。


学食の安いカレーは食べ慣れたマザーのような味がする。


学食でも高い方のカレーは、ちょっとインド料理屋でありそうな味。


どれもそれぞれ美味しいけど、その日の気分によって、変えてたのしいです。



本当は安い学食のカレーが一番無心でおいしさを感じるけど、たまに大人ぶりたいときは、高い方のカレー(学食かカフェ)にする。




夏休みの学校の研究室は、人に会わないことが多い。


だから自由に使える。


西野カナをかけまくって、

あ、同じ棟の別の部屋の人にうるさかったかな

と思ったりもする。


人に会わないから、エアコンを極力つかわない。


暑いけど、寒い方がイヤなときは、そうする。


汗もけっこうかくけど、健康〜、ヘルシーって感じ。



健康おばさんになりたいわけじゃないけど、体が冷えるのは自分ではあまり気づかないし、色々とどこおりそう。



誰かと握手すると、人のあたたかさがわかる。


体が冷たい人は心があたたかいって、よくふざけるけど、わたしは体も心もあたたかくしておきたいね。


ふかふか、ふわふわ、さらさら、しっとり、つやつやがいいかな。




はぁ。


レポート書こうと思って、学校来たけど、たぶん、3.4行しか進んでない。


先週、たらたらしながらも、集中講義を受けた自分に乾杯。


すばらしい。


このレポートは先生(かわいいおばさん)へのラブレターだ。


あー、そうじゃなきゃ、やってられないよ。


(うそ)




午後からはまた遊ぶから、なんとか

最低でも1枚ぶんは進めよう。



やっぱりカレー食べようかな。



あーー。



いつもこんな感じだけど、

また、読んでね!




身体は正直だ。母さんが作ってくれた、育ててくれた自然な舌に感謝。

トマトととうもろこしをスーパーで買った。


中高生の頃は煮物が多くて、サラダを出さない母さんに、怒り狂って野菜をねだった。


ダイエットが1番気になる多感なお年頃だった。


今でもスリムな健康的な体は理想的だと思うが、適当に食べて、適当に動いて寝て、排出して、多少やりすぎた時は調節すれば、OKと実感する。



レンジがなぜ良くないかわかった。


暑過ぎてやけどする。


いま、お行儀よくないけど、食べながら、ブログを書いていたら、とうもろこしの熱さで少しだけひりひりする。


たぶん、熱湯でゆでたら、そんなに冷まさなくても、食べれると思うけど、レンジの熱は強いから、冷めるのに時間がかかる??


わからないけど。


感覚的に気をつけたい。



いつもは実家で母さんがゆでるとうもろこしを全部のおかずができてから、食べていたから、熱湯かレンジかは、わからないけど、ちょうど良い温度で、食べていた。



何もつけなくても美味しいなんて、エセ健康美人みたいなことを言うようになるとは、思わなかった。


たしかに、いつのまにか3〜4kgやせてた。


まあ、気持ちが楽になってからは、いつのまにか体も楽になってた。


新種のモンスターか怪物みたいに太ったこともあったけど、やっぱりさみしかったのかな。


人が好きなのに、自分が好きなのに、どんどん嫌いになってた。


25年間生きてくれて、サンキューだぜって感じ。



わたしの母親は薄味が好きだ。


ケーキのクリームもあっさりが好きだ。


母はずぼらだけど、料理が上手くて、わたしが小さい頃に、お手製のさっくりしたチョコクッキーをたまに焼いてくれた。

大好きだった。


近所の和菓子屋でてきとうに、おやつを買ってきてくれた記憶もある。


薄味の体に良い味覚は、母が知らずに、育ててくれていた。


きっと、わたしのおばあちゃんもそうなんだと思う。


母さんは、結婚してから料理を始めたと言っていたけど、よくよく聞いてみると、母の姉とばあちゃんのお手伝いを当番でしたと言っていた。


わたしは小学生の時に兄弟で半年か1年ぐらい料理をしたから、そのおかげで、料理は気力があれば、好きだ。


休学していた時にも少しだけ作らされていた。


クックパッドさえあれば、なんとかなる。




確証のない自慢はここらへんにしよう。




とうもろこしが主食になるの、わかる気がする。


おいしいし、みずみずしいし、エネルギーになりそう。


お米より簡単だ。




子どもを授かったら、ちゃんとお米も炊いてあげたいけど。


まあ、てきとうに。




17時からお友達と約束があるから、それまでは、頭の体操をしよう(卒論)。





夏終わっちゃう。


とうもろこし美味しかった。




天の恵みとミラクルにバンザイ🙌




読んでくれて、ありがとー。